awsのserverを監視する必要性と手段の選び方

アマゾンの提供するクラウドサーバーであるawsはWindows serverやSQL serverなどの色々なサーバーを構築して運用することができます。典型的なのはEC2のインスタンスを作成してサーバーのように運用する方法ですが、運用時には監視が必要です。

この記事ではawsをサーバーとして運用する場合の監視の必要性や監視をする手段の選び方について説明します。

合わせて読む:awsの基礎知識とバックアップサービスについて

awsではサーバー監視が必要か

awsを運用する上で重要なのがクラウドサーバーとしてのサービスについて詳しく理解しておくことです。クラウドサービスも多岐にわたるようになり、ユーザーが何をする必要があるのかを個々に確認する必要が生じてきました。

クラウドサーバーサービスでもどこまでを運営会社が担当し、どこからユーザーが責任を負うのかが異なっています。awsの場合にはクラウドサーバーのハード本体についてはアマゾンが管理をしているので気にする必要がありません。

その中のどの領域を割り当てるかもアマゾンが適宜判断をしているので、割り当てられたところがどこかを意識する必要もなく、サーバー本体の運用については完全にアマゾンに任せることになります。しかし、それ以降に関しては全てユーザーが責任を負うことになります。

セキュリティーについてもサーバー全体についてはアマゾンが責任を負いますが、割り当てられた領域とそれ以外のところや外部ネットワークとの間のファイヤーウォールなどはユーザーが作るというのが原則です。責任が大きいのは確かではあるものの、その分だけ自由度が高いので本当に自社サーバーがあるかのように運用することができます。

そのため、監視はハード面や割り当て領域については気にする必要はありませんが、それ以外は通常のサーバー監視と同様に行うことが必須です。

awsの監視は自社対応か代行の二種類から選べる

awsの監視をするときにはやり方を大まかに分けると二種類あるので現場の状況に応じて適切な方を選べます。よく選ばれているのが自社対応で、社内のリソースを使ってサーバー監視をしていくやり方です。awsの構造について詳しいエンジニアが必要になるのは明らかで、さらに監視についてのノウハウを持っているエンジニアもいないとなかなか自社対応は難しいでしょう。

もともと自社サーバーを運用していたところからawsに切り替える場合にはノウハウのあるエンジニアがいるのが一般的です。そのエンジニアにawsについて学ばせるか、外部からawsに詳しいエンジニアを雇い入れて対応するというのが基本的なアプローチになります。

もう一つのやり方がサーバー監視を代行業者に依頼して代行してもらうやり方です。awsに限らずクラウドサーバーや自社サーバーの運用をする企業が増えてきている影響で、その運営上、負担が大きい監視業務を代行するサービスが生まれてきています。

サーバー監視を代行業者に依頼すれば社内のリソースを使わずともサーバーを運用できるのが魅力です。awsの導入を進める企業も増えてきたことから、awsに対応するプランを持っている代行業者も増えてきました。そのため、サービスの品質も向上してきているため、積極的に活用している企業も多くなっています。

このような二つのやり方で結局どちらを選んだら良いのでしょうか。

自社対応は理想を追求しやすい

自社対応によるawsのサーバー監視をする方法は理想を追求しやすいのが最大のメリットです。外部に代行を依頼してしまうと作業を担当するエンジニアは現場を詳しく知ることはできない場合がほとんどです。社内事情をどこまで外部に見せるかという問題が発生するからで、一般的には普通はあまり情報を開示せずに監視代行を依頼しています。

ただ、リソースの配分を変えたり、契約内容を変更したりする上では現場の実態を理解することが大切で、もっと業務効率を上げられるのに対応できていないという状況が生まれるリスクがあります。自社対応ならエンジニアが現場の状況を正確に把握できるので理想的な運用を実現できるのです。

また、もともと適任者が社内にいてawsを導入してから監視業務を当てがっても問題はないというケースでは自社対応がベストでしょう。なかなかこのような人材がいないので結局は自社対応は難しいという判断になっている企業が多いのは確かです。

代行による対応はコストパフォーマンスが高い

代行によってawsのサーバー監視をする方法はコストパフォーマンスが高いことがメリットです。社内のリソースを一切使わずにプロとしてノウハウを持っているエンジニアに監視をしてもらうことができます。迅速対応のためのスクリプトなども独自のノウハウとして持っていることが多いので、すぐに効率的な監視ができる環境を整えることが可能です。

代行業者が増えてきた影響で価格競争も起こり、落ち着いてきた段階なのでかなり費用も安く抑えられるようになっています。awsの監視のために新たにエンジニアを雇うよりも費用は抑えることができ、人材を育てるのに比べてスムーズに適切な監視を始められるので魅力が大きい方法です。

監視方法の選び方のコツ

自社対応と代行業者の利用のどちらを選ぶかは大きな課題ですが、どちらにもメリットがあるので判断基準を設ける必要があります。監視業務による社内負担を軽減したいなら代行を依頼するのが良いのは明らかでしょう。しかし、自由度を上げて最適化をしていきたいなら自社対応をするのが無難です。

基本的にはこの二つの軸で考えて決めるのが将来的にも大きな失敗がありません。監視方法の選び方としてもう一つ重要なのが構築するインスタンスの数です。インスタンスの数が増えると代行のコストが上がりやすいので、インスタンスの数が増えるときには自社対応を前向きに検討した方が良いでしょう。

これから増やしていくという場合には少ないうちは代行に依頼し、その間にリソースを確保して社内対応をできるようにするというアプローチも可能です。将来を見越して考えていくのが重要なので、今後の運用方法も加味して決めるようにしましょう。

awsのサーバー監視は社内リソースに注目して決めよう

awsのサーバー監視は欠かせないものなので導入時点で方策を定めることが必須になります。awsのサーバー監視には社内対応をする方法と、代行業者に依頼する方法があり、どちらも一長一短です。長期的な視野で今後の運用方法も踏まえた計画を立てましょう。

先のことを考えると社内リソースを使えるかどうかで判断するのが無難です。